FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年金支給開始年齢が65歳からになり、将来的には70歳になろうとしています。
定年を65歳までに延長した企業の割合は39%(平成20年6月1日時点)、つまり61%もの企業が未だに中高年齢者の雇用に対して消極的であるということです。
それでは、中高年齢者の新規採用についてはどうでしょうか?
定年の延長すら消極的な61%の企業が、新たに中高年齢者を採用するとは思えません。
39%の企業にしても新たな中高年齢者の採用となると殆どが拒否反応を示しているようです。

平成19年、厚労省は、労働者の募集及び採用について、年齢に関わりなく均等な機会を与えるため、罰則の無い雇用対策法を改正しました。
高年齢者雇用安定法第8条の2第1項により、合理的理由がある場合に限り、年齢制限を許すが、その場合には、理由を明記することを義務付けました。つまり合理的理由無き年齢制限は認められないため年齢不問でなければならないということです。裏を返せば、年齢不問とあるにも拘らず年齢制限をすることは認められないことであり、たとえ如何なる理由があったとしても、その理由を明記していないために、これも認められないことであるということになります。
違反しても罰則はないが、公共職業安定所による報告の徴収並びに指導、助言及び勧告が行われることがあること。場合によっては、職業安定法第5条の5ただし書に基づき、求人の申込みの受理を拒否する場合や、職業安定法第3条及び第5条の5ただし書の趣旨にかんがみ、職業紹介を行わない場合もあるということです。

この年齢制限禁止によって中高年齢者の雇用は守られるようになったのでしょうか?
調べた結果、社団法人全国求人情報協会が行った「募集採用における年齢制限禁止」に関する実態調査 http://www.zenkyukyo.or.jp/pdf/age_release.pdf というものを見つけました。サブタイトルには、~法改正への企業の認知は8割、年齢不問も増加~とあります。
これは、企業の人事採用担当者を調査したものですが、ちょっと変だとは思いませんか?
年齢制限禁止は義務化なんですよ。それに、最も調べ上げなければならないのは求職者のほうではないでしょうか。
年齢制限禁止は、中高年齢の求職者が、「年齢に関わりなく均等に仕事の機会を得ること」が最大の目的であるため、中高年齢の求職者を対象とした実態調査を行わずして中高年齢者の雇用が守られたかどうかを語ることは出来ないと思います。調べた結果、そのような調査を行っているところもなければ、気にしているようなところも見当たりませんでした。
そのため、自らの体験や同じおもいをしている方々の実態を掲載していきます。

高齢化社会といわれる最中に、職を失い、年金を受け取るまでに5年、或いは10年待たなければならない中高年齢者に対して企業はどのような意識を持っているのか?
職業安定所の職員は適切に対応しているか?
仕事も年金も貰えない中高年齢者の生存権が守られているといえるのか?

「人は全て、生まれながらにして生きる権利を有する。この権利は法によって守られるべきである。誰もこの権利をみだりに奪ってはならない」 ~国際人権規約第6条1項~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

ケース1

実態1

ハローワークの職員に、この会社の紹介をお願いしました。
職員は、年齢が59歳以下と明記してあるにもかかわらず、「応募されている方が57歳なんですが、よろしいでしょうか?」と、まずこの会社にお伺いしましたところ、「社長が50歳なので、社長よりも年上の方は採用いたしません。」と言って断られました。

求人票の「年齢・59歳以下」という嘘、そして、たとえ「年齢・50歳以下」であったにしても「社長よりも年下しか採用しない」ということは、合理的理由にあたらないと思います。
そして、職員の対応もこれでよかったのでしょうか?

ケース2

ケース2

ハローワーク・インターネット・サービスで上記の求人情報を見つけ直接問い合わせました。
先に、履歴書と職務経歴書を郵送したところ面接したいとの連絡があり、指定日に車で20分ほどのところに出向きました。
面接担当者は、開口一番「折角、遠い所をお越しいただいたんですが、リーダーが30代ばかりで、年上の方は使えないと言っておりますので、大変申し訳ありませんが、お引き取り下さい。

事前に履歴書を送付しているので、年齢については了承済みのはず。
年齢不問の大嘘もさることながら、非合理な言い訳が通用すると勘違いしている面接担当者の認識不足に厭きれます。

ケース3

自宅で検索した求人情報を紹介してもらいにハローワークに行き、1時間30分待たされて、やっと受け付けてもらいました。
職員が求人先の事業所に電話をするが「30代を中心とした職場なので中高年齢者は採用しないそうです。」

以下、職員と本人の会話です。
本人「年齢不問と明記してあるのにおかしくないですか?それに合理的でもない理由を認めてしまうのですか?罰則はないけれど、このような事業所に対して求人の申込の受理を拒否したり(職業安定法第5条の5)、職業紹介を行わないよう(職業安定法第3条及び第5条の5)にしないのですか?」
職員「職業安定所では、そのようなことはできないんですよ。そして、はなから中高年齢者を雇う気も無い事業所に、貴重な時間を割いて面接に行くような無駄なことをさせないようにしています。」
本人「年齢不問という求人を見つけて来て、貴重な時間を1時間半も費やして、年齢が合わないからと門前払いされるのと、どこがどう違うんですか?確かに、面接まで行って断られるのは嫌だという人もいるでしょう。しかし、全ての人がそうだとは限らないでしょう。私のように、直接会って自分をアピールした上で判断していただきたいと思う人もいるでしょう。それをあなた方が勝手に判断して決めてしまうんですか?
年齢不問とあるのに年齢制限があることと、非合理的な理由が納得出来ませんので、もう一度この件について問い合わせて下さい。」

職員が電話で問い合わせたところ「先程は、すみませんでした。担当者がいなくて他の者が勝手な事を言ってしまったようです。担当者が戻り次第、連絡させます。」
その後、担当者から直接電話が来て、面接していただきました。

面接していただいた担当者は、「30代を中心とした職場は、中高年齢者に対して横柄で扱いづらいなどあまり良いイメージを持っていないので、あんなことを言って申し訳ありませんでした。でも、XXさんの電話の応対などから、やはり会ってみないと分からないものだと思いました。ただし、私が一緒に仕事をしていただきたいと思っても一存では判断出来ませんので、経営者にその旨を伝えて、その結果をのちほど連絡いたします。」

その後、面接した担当者から電話が入り「今回は、趣旨に反するのでご希望に沿えませんが、忙しい時に臨時として来ていただけませんか?」と言われました。
・年功序列が壊れた日本の職場は30代が中心となったため、中高年齢者を理解しようとする気持ちがないばかりか、中高年齢者に悪いイメージや偏見を持っている人が多い。

・年齢不問の趣旨を完全に理解していなくて、建前のような軽い捉え方をしている。

・非合理な言い訳が通用すると思っている。

・社会に貢献し、社会的責任を負わなければならない立場にある企業がルールすら守れなくて恥ずかしくはないだろうか?
ましてや罰則こそないが、法律で定められた雇用対策法であります。
法律とは、「社会生活の秩序を維持するために、統治者や国家が定めて人民に強制する規範。」です。
「罰則がなければ法律なんて守らなくてもよい。」ということは、「人が見ていなければ何をやっても構わない。」という考え方とどこか似ていないだろうか。
日本の社会生活全体において秩序が乱れてしまった原因のひとつとして、模範であるべき企業がこのような有り様だからであると思います。
コンプライアンスや社会的ルールを守れない企業が、雇用者には会社のルールを押し付け縛りつけています。
企業が襟を正し、模範となって社会生活の秩序を維持することが日本にとって最重要課題ではないでしょうか。

・様々な年齢の諸要素が相互に一定の関係によって結びつき、調和を保つような職場でなければ、先生のいない教室のように秩序がないものとなる。

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。